物件紹介しない当社の特徴

グラン・ワンでは基本的に当社から物件のご紹介をすることはほとんどありません。

「物件紹介をしてくれないのに、どうやって仲介をしているの?」「不動産の購入に関しては何も知らないから紹介なしでは不安…」など思われる方も多いと思います。

こちらではグラン・ワンがお客様とどのようなコミュニケーションをとっているのか、どのような話をしているのかをご紹介させていただきます。

まずは「不動産購入」についてご説明

不動産を買いたいと考えていらっしゃる方からお問い合わせをいただき、まず初めに不動産購入について詳しくご説明をさせていただきます。

不動産の選びかたや、不動産を選ぶ際の考え方などをお伝えしており、いきなりご希望条件を聞いて物件紹介を行うようなやり方は致しません。

不動産購入はお客様にとって人生で一番大きな買い物であるのがほとんどですので、正しい知識をつけていただき、後で後悔されないようにサポート致します。

初回お打ち合わせは当社にて行っております

最初のお打ち合わせはお客様に当社までお越しいただいております。

当社が出向かずお客様にご足労いただいている理由としては、社内でしかお見せすることのできない情報やデータをお客様にも見ていただいているからです。

例えば不動産業者しか見ることができない不動産情報システム「レインズ」がその一つにあります。

レインズは不動産業者の社内でしか扱ってはいけないシステムですので、お客様にシステム情報をお渡しして自宅で見ていただくことはできないからなのです。

このような通常不動産業者の者しか見ることができない情報をお客様に開示することで、不動産購入の知識を深めていただく目的で、当社まで足を運んでいただいております。

このような情報・データをもとに初回お打ち合わせでは、不動産の選びかたや不動産購入の考え方を詳しくお伝えしております。

もちろんご相談は無料でご対応させていただいておりまして、打ち合わせ後に当社からしつこくご連絡することはございませんのでご安心ください。

次回のお打ち合わせはお客様のご連絡から

初回のお打ち合わせで不動産の選び方や不動産購入の考え方をお伝えさせていただき、当社を通じて不動産購入を考えていただける場合には、お客様からご連絡をいただいております。

その際にお客様自身で選んでいただいた物件情報をいただいております。

当社から物件紹介をほとんどしないと言った正体は、お客様自身で情報収集を行なっていただいているからなのです。

お客様自身で他の不動産会社様のホームページや、HOME’S・Suumo・at homeなどのポータルサイトから情報を収集していただき、気になられた物件のURLなどの情報をお送りいただいております。

その後、当社にて気になられた物件の詳しい情報を集めます。

当社では下記の情報を集めてお客様にご提示いたします。

  • 詳しい現地住所
  • 土地情報レポート
  • 現地相場
  • 周辺環境情報
  • 取引条件確認
  • その他資産価値に影響がある可能性のある情報

上記のような情報を取得していく段階で、物件の問題点が見つかることも多々あります。

ご検討されている物件の問題点までしっかりとご説明させていただいております。

現地に足を運び調査を行います

前項の情報からお客様と物件の絞り込みを行い、まずは当社にて現地に足を運びます。

データ上では全く問題のない物件でも、実際に現地で確認を行うと様々な問題点が見つかることがあります。

実際に足を運んでみてから見つかる問題点としてよくあるのは、「周辺環境の問題」です。

騒音 近くに工場や倉庫があり騒音が激しい
ニオイ 物件正面にゴミ収集場所が設置されていてニオイがする

このような問題は意外と多く見受けられますので、まずは当社で調査を行い、問題のありそうな情報はお客様にしっかりとご報告させていただいております。

お客様と内見を行う

これまでの調査の結果、候補に残った物件にお客様と足を運び内見を行います。

ここでお客様に物件の内観や周辺環境などを実際に見ていただくことになるのですが、当社ではこの際に物件内部の問題も細かくチェックを行い、お客様に共有いたします。

基礎部分のヒビや雨漏りの有無などは入居後に気づいた後悔するポイントとしてよくあることですので、そのようなことがないように注意喚起を行います。

最終的なチェックを行う

お客様との内見後でさらに候補が絞られたら、法的なチェックを行います。

法的なチェックと言うと、接道や隣地との関係で問題点はないのかなどを確認いたします。

購入時には問題とならなくとも、将来的に建て替えを行う際に問題となってくるポイントなどもありますので、お客様の将来的な面でもきちんと確認しておかなければいけないところです。

法的なチェックと並行して物件のさらに詳しいチェックを行い、瑕疵がないか確認を行います。

契約を行う

これまでの過程を経てお客様にご納得いただければ契約に移ります。

ただし契約の前には売主様との合意が必要になります。

例えば、中古物件をご購入の際には瑕疵担保保険の加入をおすすめしているのですが、保険の加入に必要な検査を売主様が嫌がるケースなどもあります。

売主様を担当されている仲介会社様にきちんと検査の内容や、負担額などをご説明し双方の同意を得ます。

これまでの流れを踏んでから、最終的に契約となります。

長いご説明となりましたが、当社で仲介させていただくお客様には決して後悔していただきたくないので、このような過程を踏んでご案内しております。