不動産を簡単に売る方法ってあるの?

家を売るときに色々な売り方があるのはご存じでしょうか?

えー!家を売るのって不動産会社に電話して「家を売りたいんですけどっ!」て言えば良いんじゃないのと思っていませんか?

その通りです!私が言いたいのはその後です。

不動産の売却方法に「買取」「仲介」と主に2つの方法があります。

まず、「買取」とは読んで字のごとく不動産会社に買い取ってもらうことです。

もう一つの「仲介」とは不動産会社に頼んで自分の不動産を買いたい人を見つけてもらうことです。

買取は安く売ることになりますが、デメリットばかりではありません。

不動産会社が確実に買ってくれるため、早期に売却ができます。

また買取業者に直接売る場合には、仲介手数料も発生しません。

買取業者は転売目的で購入するため、物件に多少の難があっても購入してくれます

不具合の部分は減額対象となりますが、買取業者が買い取った後に修繕して転売してくれます。

そのため、個人の買主のように、細かい部分にいちいち文句を付けられることもありません。

また不動産を売却することを、あまり近所の人に知られたくない人にも買取はオススメです。

広告も打たないので、近所に知られることもありません

買取業者がこっそりと購入してくれます。

仲介では購入希望者が現れる度に、買主に室内を見せる手間と時間をかける必要がありますが、買取では不動産業者がさっくりと買ってくれます

このように買取は、「価格が安い」という以外は、ほぼデメリットがないため、買取を選択する方は、多くいます。

ただ、やはり買取の場合は、不動産会社が買い取った不動産を転売して利ザヤを稼ぐために行います。いわゆる、営利目的で業者が買い取ってくれるわけです

不動産会社の儲けは転売益。一方で、仲介を行う場合は、仲介手数料で儲けることになります。

買取転売は、転売益で儲けるため、安く仕入れなければなりません。

そのため買取価格は、仲介の売却相場の70-80%程度の価格になると一般的と言われています。

 

ただ、ここで仲介業者が入ってくると話が変わってきます。特に大手仲介業者はこの方法で仲介手数料の荒稼ぎをもくろむ輩もいます。

単純に買取してくれる不動産業者と話を進めるなら直接取引になるので問題ありませんが一括査定サイトなどを通じて仲介業者に話をするとややこしくなります。

仲介業者も言葉が巧みですから売主が早く売りたがっていると分かると買取する不動産業者に声を掛けます。ここでその買取業者に金額を出させて「買取りなので金額は少し安くいなりますが早くて、手間がないですよ!」といった感じで、業者に買わせます。

その後は買い取らせた不動産業者からまたその不動産を売らせてもらう約束をして2回、仕事ができるように持ってゆきます。これが仲介手数料の荒稼ぎです。

別のブログでもご紹介しましたが大手になるほどこの両手仲介をしたがる傾向にあるので注意が必要です。

結論として早く、手間なく家を売りたいときは不動産業者に売るのが一番ベターな方法です。でも、仲介で売るよりも金額は安くなりますよ!ということです。

ご参考になさって下さい。