売りたい方

不動産売却の手順

不動産売却の際の手順や事前に知っておきたいポイント、注意事項をまとめております。

売却の理由をもう一度確認する

家族構成の変化、環境・経済状況の変化など、ライフスタイルの変化に伴って住まいを売却するのには様々な理由があります。

「子供が産まれたから、もっと広い家に住みたい!」「子供たちも自立したから、老後のために住み替えをしたい!」など、売却理由を具体的に整理してみましょう。

その上で、「住み替えの時期はいつ頃か」「資金はどの程度かけるのか」など、自分自身の希望や経済状況などを確認しましょう。

どうして売却をしたいのかを整理をすることで、売却価格や時期などの条件、新居を購入するか賃借するか、あるいは今の住まいを売却せずに賃貸するといった住み替えのイメージをあらかじめ決めておくことができます。

売却の流れを確認しておく

今後のイメージを固めた後に、いざ不動産を売却に進もう!と思った時、まず何をすればよいのでしょうか。

また、どれぐらい準備と期間が必要になるのでしょうか。

一戸建てもマンションも、売却の流れについては基本的には同じです。

ある程度の流れを理解しておけば、売却完了までがスムーズに進みます。

売却に必要な期間を把握しておく

不動産売却は「できるだけ高く、できるだけ早く」が理想的ではあります。

しかし、買い換えの場合は、早く売れすぎてしまうと仮住まいを探さなければならないというリスクにもつながってきます。

またなかなか、買主が見つからず、どんどん焦りが出て来てしまい、売却価格を下げてしまうのも嫌ですよね。

一戸建て・マンション・土地によって期間は異なり、タイミングや条件によっても異なって来ますが、概ね目安として把握しておき、住み替えの場合は、しっかりとスケジュールも決めておきましょう。

購入の流れ

STEP1 売却相談
  • 売却を検討する際には、まずは不動産会社に相談するのが得策です。不動産の専門家のアドバイスを聞いてみましょう。

 

STEP2 査定・物件の調査
  • 売却を決めている方も、まだ検討している方も、まずは一度査定をしてみることをおすすめします。ご自身の所有されている資産の価値を調べるとこができます。

 

STEP3 媒介契約
  • 査定金額にご納得されたら、売却活動についても十分確認をしておきましょう。十分に納得された上で、媒介契約を締結しましょう。

 

STEP4 売却活動開始
  • インターネット、チラシなどの様々な売却活動を通して、様々な方が内見に来ます。事前に物件の掃除を行なうなどし、内見に来た方へより魅力的に見えるよう準備をしておきましょう。

 

STEP5 購入の申し込み・売買契約の締結
  • 購入希望の方から『購入申込書』をいただき、売却価格や引き渡しの条件について十分に確認、調整を行いましょう。双方でご納得いただき、合意に至ったら売買契約を締結します。

 

STEP6 売買契約後のお手続き
  • 買主様に引き渡しを行える状態にするため、ローンの完済手続きや、引越しの準備を進めましょう。

 

STEP7 残金の決済・引き渡し
  • 残代金の受け取りと同時に物件の引き渡しを行い、売却が全て完了となります。